Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C118] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dice4kids.blog57.fc2.com/tb.php/89-ff13ab2f

トラックバック

牛久保小学校#1-0 はじめに……

 今年の牛久保小学校では現代モノに挑戦……! 
 
 という目標は前回お伝えしたとおりです。 

 ただ実は、牛久保小学校#1の1週間前になっても、決まっていないことだらけでした。
  
  どんなゲーム展開になるのか……?
  どんな世界観なら遊べるのか……?
  戦闘や特殊能力はどうなるのか……?

 相棒の枯葉さんと議論を重ねた結果、出た答は……?

 今回はそれを論点別に、ダイジェストでお伝えします。



1 どんなゲーム展開になるのか?          

 これは、はっきりしたイメージがありました。
 ダンジョンものしかない……、と。

 理由のひとつは、子どもたちにとって遊びやすいこと。

 小学生の子どもたちにとって「想像上の話をすり合わせる」というのは意外と困難なことです。
 その点で、マップやコマを使うダンジョンものは、目に見える形で状況を管理できて混乱が少ないはず。

 もうひとつの理由は……「冒険しすぎないこと」。

 いや、我々が、です(笑)
 世界観を変えるだけでもこれだけ先が見えない現状、この点は昨年の実績を踏襲して自信をもってやれるように、と。

 (あまりにも突拍子も無いことをして、子どもたちをまき沿いにはできませんし……
 あと学校の時間割の関係で、短時間で終わらせなければならないという制約もあって、シンプルなダンジョンものが良いかな? という結論になりました)




2 どんな世界観?

 さて、ダンジョンものということは、肝心のダンジョンが必要。
 そこはある程度に入り組んでいて、オブジェクトもたくさんあって……
 なにより、子どもたちにとって想像しやすい場所が良い。

 ほくろん:う~ん……

 枯葉  :……
  
 ほくろん:あ……

      学校って良いかも……?



 学校なら教室もあるし、それぞれに特徴的なオブジェクトもある。
 物を隠したり、何かを探したりとアクションもできる。

 何より、自分の学校を舞台にして、その学校の中で遊ぶのって、きっとわくわくするだろうな……。

 (しかも……「TRPGクラブで使うから!」といって子どもたちが特別教室の地図を書いたりしたら、
  TRPGの名前がともだちにも広まり、先生方にもいっそう浸透するはず……!)


 ということで、舞台は学校。

 それも、毎回ひとつの「教室」を舞台にしてダンジョンを作ってみよう! ということに。


 
 すると、「何が敵なのか」が問題になります。
 学校にはゴブリンはいないでしょうし、なまじ現代なぶんイメージがリアルになることを考えると、生々しすぎる戦闘は避けたい。
 そのあたりを、こう、ほんわかと包んでくれるモチーフがあれば良いんだけど、
 

 ほくろん:うーん……

 枯葉  :……(ぼそっ)……

 ほくろん:……いや、それが良いんだけど、先駆者がいらっしゃるし、近しい先輩といえば…………

 枯葉  :……とはいえ、その案がやっぱりベストだ。気にしていたら何もできない。

 ほくろん:うん。そうだね。 おばけだ!



 ぶっちゃけ、「現代」というテーマを出した時点で(そして戦闘が暗黙の必須条件となっている時点で)、うすうす感ずいていたこの難題。

 いちデザイナーとしては、偉大な諸先輩方には負けられない……というプレッシャーを感じつつも……

 ここはえいやっ! と決めてしまいます。

 世界観の基礎は、「学校でおばけを退治する」に決定!



3 戦闘は?

 しかしはたと困ってしまいました。
 おばけを「退治する」って、どうやってやるんだろう?

 そもそも、このゲームでいう「おばけ」ってなんだ? という問題もあります。

 そのおばけって人間の魂的なものなのか、特定の死生観に関連するものなのか……と、突っ込んでいくと、必要以上に難解な領域に足を踏み込んでしまいそうになります。
 

 そもそも、子どもたちって「おばけ」って聞いたら何をイメージするんだろう?

 そして、「おばけを退治しよう!」と言われたら、どんな戦闘方法をイメージするんだろう?
 
 それが分からないと、いわゆる「クラス」の設定とか、「武器」に当たるようなデータが用意できません、

 うーん。

 ……

 ……

 あ。


 子どもたちに聞いてみれば良いんだ。


4 ということで。

 昨日、実施されました牛久保小学校#1。

 かんたんに言えば、いきなり子どもたちと卓を囲んでTRPGしてきました。

 クラブとしては、TRPGの遊びかたを伝える、昨年度でいう「黒板プレイ」の段階。
 少人数に分かれて卓を囲み、本当のセッションに近い雰囲気と「遊びかた」を体感してもらいました。

 ただし!

 遊ぶのは「NO ルール」「NO キャラクター」、ダイスとマップだけのシンプルなダンジョン。

 学校のとある特別教室、そこには数々のおばけが潜んでおり、子どもたちはそれと「対決」することになります。
 そこで、
 
 「おばけって言ったらどんなイメージ?」
 「おばけを退治するって言ったら、子どもたちはどんな宣言をするだろう?」
 
 そんなリアクションをたくさん集めるのがミソ。
 みんなのイメージを元にして、敵のイメージや戦闘方法……はてはキャラメイクのルールから判定ルールまで……
 ようはそこからゲームを作ってしまおうという作戦です。

 
 もちろん、今回も子どもたちに楽しんでもらうのは大前提。
 果たしてそのうえで、ゲーム作りに必要なイメージは得られるのか!?
 

 続きは次回、ということで。
 
スポンサーサイト

コメント

[C118] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dice4kids.blog57.fc2.com/tb.php/89-ff13ab2f

トラックバック

Appendix

『冒険王道』ページへ

↓ カテゴリリンク

国府小学校 牛久保小学校 なぜTRPG? 制作の裏側 その他

プロフィール

ほくろん

Author:ほくろん
愛知県内にて青少年育成の指導者・アドバイザーをしつつ、TRPGやボードゲームの作成・普及啓発を行っております。

今となっては遠く離れ、それぞれに凝固している教育とあそびを、少しずつ暖めながら融和させていきます。

管理人がフェイスブックはじめています。
登録名は『冒険王道』の著者名です。
(あくまで個人アカウントですので、ご承知置きください)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。